忍者ブログ

同人小説サイト「HONEY LIQUOR」(更新停滞中)管理人による徒然日記ブログ。オンライン・オフライン告知などなども。 *同人活動にご興味のない方、嫌悪感を抱く方はお読みにならないで下さい。
11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/20 絵面]
[07/16 hachi]
[07/16 絵面]
[06/27 hachi]
[06/27 絵面]

12.13.21:11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/13/21:11

01.18.16:45

本当はいい子、ってなんだ

どのカテゴリーに属するものなんだろうかと悩んで、結果的には雑記にしてしまったのだけれど。
「どうでもいいこと」だと思って「雑記」にしたわけではないのです。
同人活動をしていて得たものって、 何だろうって考えてました。

PR

つづきはこちら

12.15.13:15

年の瀬

そうですよ、いつのまにやら年の瀬ですわ。
そりゃ福袋も届くわ。

届く?届くの?!
ちょっとびっくりしたんですが。
てっきり年明け、もしくは年末に届くと思っていた福袋(箱)が、
さっき届きました。
ああ、なんか雰囲気ぶち壊しじゃん……。

昨晩、お仲間のSkypeにお邪魔させていただきました。
尊敬する文字書き様と絵師様と3人だったんですね。
その絵師様が、文字書き2人のことをお褒めくださるんですよ。
ただ「凄い」「上手い」「面白い」とかじゃないんですよ。

どこが他の方と違うのか、2人それぞれの持ち味は何なのか、
どういうときにそう思ったのか。

それをしっかりと言葉にしてくださるんです。
だからこそ照れくさかったんですけどね!
ああ、本当にしっかりと読んで、しっかりと感じ取ってくださってるなと。
作品の良し悪しだけじゃなく、小説を書く人としてどうなのかを見てくれる。
とても嬉しいことです。

対して私ですが、言葉にするのがめっぽう下手くそです。
感想をお伝えするにしても文章にしなければマトモに伝えられません。
その絵師様の新刊に関しても手書きのお手紙で感想をお渡ししたんですが、
いざそれを彼女に直に言葉で伝えようとするとうまく言えない。
そういう部分で、非常にもどかしいSkypeでした。

人と接する仕事をしていても「私はこう思う」と主張する機会ってないんですよね。
相手は患者さんで、彼らは私に意見を求めてるんじゃなくて「傾聴」を求めてる。
もちろん「そんなことないですよ」とか「そういうときは〜」とか、
アドバイスなりなんなりはしますけどね。
少しは対人スキルが上がったかななんて思ってたのになぁ。

いつから錯覚していた?

人見知りはわりと解消されてる気がするけれど、
自分の意見をはっきりと伝えるスキルがまだまだ足りません。
そのためには知識も語彙も必要ですね。
精進精進。

12.08.13:37

不備本その後

前回のエントリーで書きました、文庫本のインクこすれ。
印刷所の問い合わせフォームで連絡してみました。

インクこすれ自体はある程度避けられない現象。
でも余白部分みたいに目立つ箇所にあるなら取替対応したい。


みたいな回答で、今すぐにでも印刷開始するような勢いでした。
でも待って、私が「汚れてる!キィィ!」ってなってても、
印刷所側からすると「え、この程度で」ってぐらいかもしれない。
でも「この程度で」って思われるなら今後はお願いしたくない。
ただのクレーマーにはなりたくないし
同じような現象に遭遇した人にも同じような対応をして欲しい。

なのでインク汚れの画像4枚をメールで送りました。
それを見てから判断して欲しい、と。

画像にある汚れは稀にある汚れではあるものの、
不備本には違いないので取り替えさせてください。

とうい回答をいただきました。
良かった、これぐらい我慢しなよって言われなくて。
前にも書いたけど、私が読むだけならいいんだ。
でも誰かの手に渡るわけだから「うわ、汚れてる」って思われたくない。
そこに印刷所の名前が入ってるわけだからなおさら。

12.05.09:15

んあーショック

ありがたいことに、完売した宮高再録文庫をご所望の方が数人いらっしゃったので、10部ほど増刷したんですよ。
週末は梱包とかできないから、配達された本は未開封のまま、先程箱から出しました。

ハニゴのときはサークル入場開始直後からすぐコスの着替えを開始して、終わったらスペースに行って本を並べて文庫のカバー巻いて、めっちゃ忙しくて。
会場時間に準備が終わらなかったぐらい。
なので、文庫一冊ずつ確認してる暇がなかったんですよね。

増刷分、パラパラと眺めようと、眺め、なが、アッー!!

なんか、汚れてる……こすれてる……。

印刷文字からインクが擦れてるのはある程度しかたないかと思うけど、余白部分にこすれがあるとちょっと目立つ。
凄く気になる。
しかも10冊中4冊



自分の手元においておく分としては構わないんだけど、頒布料を受け取って誰かの手に渡るって考えると、ちょっとね……。
申し訳なくなってしまう。
印刷品質には何ら問題なくて、今後も文庫印刷はこの会社にお願いしたいなって思ってるんです。
だから今回のこの件に対して、印刷会社がどう対応するのか、凄く不安。

たった4冊、されど4冊。
今回自家通販が決まってる冊数が4冊だから、もし4冊しか印刷してなくて4冊中全てがこの状態だったら、ねえ。
幸い、汚れが見当たらないのが6冊あるので、そちらを郵送しますけども。

神経質になりすぎだろうか。
中身が読めればいいですよってみなさん仰るんだろうけど、挿絵の色味やらなにやらにこだわって作った一冊に、インクの汚れはつけてほしくない。

10.24.08:46

無題

私、通勤時間が1時間ぐらいあるんですね。
電車に乗ってる時間は40分ぐらい。
1日のうち2時間を通勤で潰されると考えると、その2時間を空っぽにはしたくない。

というわけで、普段何をしているかという独り言。

読書感想文を1〜2ヶ月に1度ほど書くので、課題の小説を読むことがあります。
dropboxに入れておけばスマホで読めるし、気になるところはコメントとして書き残せる。
電車で座れないときは、こういった「読み物」をすることが多いです。

あとは調べ物ですかね。
買わなきゃならんものを物色したりしてます。

それと、自分の原稿のチェック。読みなおし。
書き途中の原稿も、頭から読み直してみると、話の矛盾に気付くことがあります。
あとは細かい設定が話の途中で変わってしまってることもあったり。
原稿の執筆はtxt形式で行うのでdropboxに入れておけばサクサク読み直すことができます。

運良く座れたとき。大抵後半20分は座れるんですけどね。
座れたら、原稿の類をやることが多いですねー!

思いついた話をぽつりぽつりと文字に起こしていく作業は,
iPhoneの標準アプリ?の「メモ」を使って書いてます。
最近ツイッタでやたら長文のスクショが回ってきますけど、
アレもメモ使ってる人が多いですね。
このアプリ、googleと連携してくれるので便利。
ガーッと書いておくだけで勝手にgoogleアカウントにバックアップしてくれます。
どこに保存されるかって―とGmailの「note」とかいうフォルダ
即座にバックアップとまではいかないんですけど、
だいたい丸1日経過するとバックアップされてます。
メモアプリ自体もリアルタイムバックアップなんじゃないかな。
非常に使えるアプリ。
自宅で編集するときはGmailバックアップからエディタにコピペ。

PCのエディタで編集した原稿の続きも、通勤時間に書きまっせ。
こんとき使うのは「iテキスト」というアプリ。
dropboxと連携してくれるしとても軽いので重宝してます。
背景色とか文字色、サイズも変更可能で自分好みにできるし、
文字数カウントもしてくれるスグレモノ。
もちろん既存文書の編集だけじゃなくて新規作成もできますわよ。
保存は手動なのでマメに保存しましょうハイ。

dropboxのステマ状態だけど便利なんですわ。
いろんなアプリとの連携が進んでるしね。
google driveとMEGA、iCloudも使ってるけど
dropboxがダントツで使いやすい。

いやぁ便利な世の中ですな。
時間の有効活用にスマホは必須です。